笑ったり怒ったり半泣きしたり。そんな町長の何かを想った日々のメモコーナー。
町長ひとことメモコーナー!!

"2009年を表す漢字一文字"は「侍」に決定しました。:2009年3月24日(火) NEW!

決定しましたよ。

俺が。

…………………。

 いやああ〜!! まあ〜すばらしかったですWBC。V2ですよV2! ゲームそのものはもちろんそれ以外の箇所にも見どころがもりだくさんだったなあ。まず個人的に心を打たれたのは今大会の日本に向けたキューバのカストロ元議長の言葉。

  我がキューバは予選で敗退したが、世界一のチームに負けての敗退だ。
  世界一の日本に負けたことを誇りに思う。
  世界一の日本に負けたことを誇りに思う。
  永遠の友、日本国民の皆様、心からおめでとう。 フィデル・カストロ

 野球大国の代表人物が普通、ここまで言えないよね。もともと身体能力はすばらしいんだから日本野球の技術をたくさん盗んでさらなる進化を遂げてほしい。なんなら今度は日本を打まかしてほしい。ホントにそれくらい思っちゃうな。さすが選手全員桃尻なだけはある(意味不明)。

 あと原監督。まあ原が代表監督してる事自体感慨深いんだけど、アメリカに勝った後の監督のコメントは米国ベースボールへの敬意がにじみ出ていてこれまたスバラシイ。すごく大事なんだこういうの。あとは…あー!そうそう。決勝戦前の国家斉唱中に小笠原がガムくちゃくちゃやってたけど、アレどうなんだ!? 好きな選手だけどアレ何かちょっと残念な気分だぞ! おいらの頭がカタイんだろうか?

 各試合そのものもすばらしかったなー。離脱した村田もイイ活躍してたし、何気に内川の勝負強さは頼りになったし、松坂の存在感はもはや世界レベル文句なし。岩隈の投球なんかは決勝戦、相手を手玉にとってるようにさえ見えた。そしてダルビッシュ。結構大事なシーンで打たれちゃったりしたんだけど、大舞台でのピンチの時もまったく動揺しない(様に見える)表情。あれにはたいしたもんだなーと感心。「はいはい打たれましたね。ピンチですね。それが何が?」みたいな。もちろん実際はそんな心境なわきゃないんだけども。

 あとは何といっても大会を通じて順風満帆とは言えなかったイチロー。調子がいいときゃカメラに向かって強気な発言のひとつも必要だろう。調子悪けりゃ一部のメディアにゃ叩かれる。スーパースターっていう職業も大変だ。日本はこの誰よりも努力している天才の決勝打によって見事にV2に導かれ、幕を閉じる。


日本人でよかったぁ〜と心から思えた一日でした。

現在地:町長自宅

 

 

 

 

 

 

 

もし表示がおかしいなと思ったら更新ボタンを押して再度読み込みをお願いします。

こちらのコーナー『旅者』は『BIRDTOWN』内にて運営されています。BIRDTOWNトップへ。